デザインは非常に重要で、訴求するターゲットを明確にし、デザインや色調で印象付けを行います。

MENU

デザインの重要性

インターネットのページを構築する上で、デザインの重要性は極めて高いと言えます。
同じ情報が表示されていても、ユーザーが感じるものはまったく別物となり、それが次の行動に影響します。

 

  • 商品を購入させたい
  • サービスを利用させたい

そう思っていてもデザインが弊害となりうまく行かないことは往々にしてあります。
何気なく見ているデザインには多種多様な工夫が凝らされているのです。

 

 

訴求対象となるユーザーを明確にしているかが大切になります。

どの様な人に見て欲しいページなのかを意識することで、デザイン性は大きく変わってきます。

 

例えば、自宅で出来る本格的な焼肉の専門サイトを立ち上げるとしましょう。

焼肉

この時にデザインで意識しなければいけないのが、
訴求する対象がどんな人物かです。
ただ焼肉をアップにした画像を表示しているだけでは、効果は不十分だと言えるでしょう。
一人なのか、恋人同士なのか、家族なのかによって画像の内容は変わってきます。
訴求対象によってサイト全体の雰囲気や色調を整える必要があります。

 

デザインで印象付けを行います。

良い印象や興味を持ってもらうためにも、訴求している人に気に入ってもらえるようにしなければなりません。
若い女性向けの商品を扱っているのに、黒や灰色でかっこいいサイトにしても訴求力は高まらないでしょう。ピンクなどのかわいい雰囲気のデザインにする方が効果は出てきます

 

ネットの情報は基本的に目から取り入れます。

デザインの印象が商品やサービスの売れ行きに大きく影響するでしょう。
そのため、色の組み合わせにも配慮しなければいけないのです。
色には保護色や反対色が存在し、色を認識しやすくしたり強調したりすることができます。

 

購入ボタンや登録メニューの大きさや配置にもデザインは関わってきます。

特にスマホで閲覧するサイトは、

  • ボタンが押しやすいか
  • メニューの場所が分かりやすいか

などを配慮しないといけません。

 

このようにデザインはとても重要なのです。