すぐに流出したパスワードに関係するサイトのサポートセンターへ電話するのが良いです。

MENU

ID・パスワードの流出

ネットを利用する上で、IDやパスワードの管理は基本中の基本となります。
悪意ある第三者にIDやパスワードが流出してしまうと、とてつもない被害になってしまいます。

 

もし、ネットを利用している最中にIDやパスワードが流出したと気付いたら、どのように対応すれば良いか紹介します。

 

IDやパスワードの流出が発覚したら、すぐにサポートセンターへ連絡

例えば通販サイトなどであれば、そのサポートへ連絡してアカウントが悪用されている旨を伝えてください。一時的に利用停止すれば被害を防ぐことができます。
この対応が遅れると高額な買い物をされてしまう可能性があるでしょう。

 

特にクレジットカードの情報が流出するのは危険です。
貯金が全部奪われる被害を受けるかもしれないので、パスワードの管理はしっかりと行ってください。

 

流出時に対応を行う時は、なるべく電話による対処を行う方が良いです。

パソコンやスマホがウイルスに感染しており、それが原因でパスワードなどが流出している可能性があるからです。流出したパスワードを急いで変更したとしても、その情報が相手にとって筒抜けになっているかもしれません。
こうした状況を踏まえて電話によるサポートで適切なアドバイスを受けるのが推奨されます。

 

そもそもパスワード等が流出する原因はセキュリティ管理の甘さが原因

セキュリティ管理

不可解なメールに添付されたデータをダウンロードしてしまったり、怪しいサイトにアクセスして個人情報を入力したりするのは控えるようにしましょう。

 

定期的なウイルスチェックも重要なので利用するようにしてください。

 

 

同じパスワードを複数のサイトで利用している人も注意です。

どこかでパスワード等が流出してしまうと、通販サイトなどでログインできないかが確認されてしまいます。
運悪くログインされてしまったら、そこからさらに多くの情報が盗まれて行き、被害が拡大するでしょう。共通のパスワードを使用せず、定期的に変更するのが大切です。